LOGO THRASH ON LIFE RECORDS
NEWS BANDS RELEASES GOODS ABOUT US
LOGO NEWS
更新情報

・10/19発売 RAZORS EDGE 20周年記念ベスト盤「RAZORS MANIA」特設サイト設置!(2016.9.23更新)
・スラッシュオンライフ 缶バッジプレゼントキャンペーン実施!7/20〜タワレコ11店舗にて(2016.7.21更新)
・FRIDAYZ『 DO IT』特設サイトを開設!(2016.7.5更新)
・manchester school≡1stアルバム『Lovers, Rubbers.』特設サイトを開設!(2016.5.30更新)


FRIDAYZ DO IT

FRIDAYZ DO IT

manchester school Lovers,Rubbers.

スラッシュオンライフ 缶バッジプレゼントキャンペーン実施!
7/20〜タワレコ11店舗にて
manchester school Lovers,Rubbers.

●2015.4.29 iTunes配信開始!
STEP LIGHTLY「NEGATIVE KILLERS」

>>iTunes配信はこちらより
2014年7月にTHRASHON LIFE RECORDSより突如リリースされ、
あっという間にレーベル在庫が無くなった5曲入りの7インチアナログレコード作「NEGATIVE KILLERS」EP (TOL-028)!!
スラッシュハードコアにダブ/レゲエの音楽要素をセンス良く昇華させた「発明」とも言えるサウンド!
衝撃のあの名盤が待望の配信リリース!

■収録曲
1 : GET AWAY (1:10)
2 : NEGATIVE KILLERS (2:19)
3 : LIVING CORPSE (1:37)
4 : RAISE OUR VOICES (2:08)
5 : WAITING ROOM (2:41) (FUGAZIのカバー)
→STEP LIGHTLY『Negative Killers』拡大版ライナーノーツ   
筆:奈部川光義(ATATA)

レコードリリース時に封入されていたATATA奈部川氏の愛情たっぷりのロングライナーノーツも、この配信を機会に改めて補充され拡大バージョンにてTHRASH ON LIFE RECORDSのウェブサイトやATATAの公式サイトにて公開!
●11/5発売 DEEPSLAUTER 「ELEVATION DEPTH」
実に8年振りとなる3枚目のフルアルバムが発売中!
DEEPSLAUTER official


DQC-1394
税抜き価格2,000円

1. RIP OFF
2. since then
3. Extraordinary
4. Dehli (instrumental)
5. Bombay
6. 言質
7. The Best Shower In My Life
8. !!!!!!!!
9. REACTANCE
10. 加速度
11. F.U.N.K
12. FADE IN FUNK
13. ムカイノエゴ
14. I'm here
15. フィラデルフィア

●プロデュースはレーベルオーナーでもあるRAZORS EDGEのケンジレイザーズ。

●レコーディングエンジニアは日本グラインド界の秘宝MILKCOWベーシストの大原氏。マスタリングはサイデラマスタリングの森脇氏。

◇カオティックハードコアの歴史を変えたアメリカのTHE BLOOD BROTHERSを彷彿とさせるサウンドを目指し制作されたアルバムである。

◇ジャケットデザインは、Boris/9dw/as meias/dim makを担当したRegina松浦亮氏。ライナーノーツにkamomekamomeの向氏。そしてギターのヤスのアルバム解説付き。


●「EVELATION DEPTH」と題された8年振りのフルアルバムは15曲も詰め込んだバンドの代表作となりうる作品。
まさにタイトルどうり高く、そして深い。

●1stアルバム「ROCK 'EM ALL」でのロッキンでエモーショナルなハードコア、よりカオティックに進化し大変化を遂げた名作「SUPER RIZUMU」(2nd)からの方向性が気になるところだが、彼らの元々持っていたキャッチーな感覚が今作で大爆発した! 仮タイトルで「ハイスタ」なんて曲があったりと、彼らなりに今までに影響を受けたバンドへのリスペクトも込めている作品だ。細部にも行き届いたメロディーに対する新しいアプローチとその解釈が面白い。

●アルバムの流れも秀逸だ。この手のバンドは15曲もあると途中で息切れしてしまう作品が多い中、様々な顔を見せながらDEEPSLAUTERを披露してくる。特に後半のクオリティーの高さにはココロ揺さぶられるはずです。
●7/5発売 STEP LIGHTLY 「NEGATIVE KILLERS」



レーベルオーナーKENJI RAZORS より    
リーダーであるボーカルのSHOWYはDJもこなすシーンでも有名なアナログレコードラヴァーである。念願となるバンド初の7インチヴァイナルに込めた彼の並み並みならぬ思いが見事に昇華した新作である!

その新作「NEGATIVE KILLERS」はバンドでの作曲方法を変えた事が功を奏し、楽曲のクオリティーが格段アップした。いい意味のキャッチーさも聴く者をより引きつける!シンガロングなコーラスパートも増えておりライブでのレスポンスが楽しみな楽曲達が並ぶ。

そして今作でのSHOWYのボーカルスタイルが素晴らしい! 本人的にはアーリーパンクやパブロック的なノリなんだそうだが、ハードコアのもう一つの局面であるエモーショナルな部分が開花しまくっている。
スライダーズコア、ジギーコア、更には氷室コアと本人が冗談で言う位の日本人ならではのソウルフルなコア感である!
 

もちろん彼らの持ち味であるBAD BRAINSを彷彿とさせるレゲエ/ダブの要素を見事に取り入れた新曲達(特にA2:NEGATIVE KILLERSやB1:RAISE OUR VOICESは激キラーチューン!)は間違いなく現時点での彼らの最高傑作と言えよう!

STEP LIGHTLYお得意のカバーも秀逸だ! 今作ではなんと間違いなく90年代のアメリカの最重要バンドであったFUGAZIの大名曲"WAITING ROOM"を取り上げた! センス抜群のダビーなアレンジでニヤリとさせられたと思ったら、スラッシーな疾走パートをぶち込んでくる激烈なアレンジも素晴らしい!

プレスは品質の高さでも有名な国内唯一のレコードプレス工場、東洋化成でメンバー立ち会いの元にカッティングを行なった。しかも同内容のCD(工場プレス)も付いているというお買い得盤である!


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



第2弾ミュージックビデオ公開!(2013.11.25更新)



第1弾ミュージックビデオ公開!(2013.11.5更新)



トレーラー公開!

1st シングル 「雨の匂いEP」 2013.11.6発売!
1. ラストシーン
2. ENID
3. バニラXTC
4. if you want
5. powercode only knows
6. futon
7. KIDS

DDCE-27 ¥1,500-
■作品概要
RAZORS EDGE主催のサーキットイベント"STORMY DUDES FESTA! 2013"にも出演したmanchester school≡のデビュー作となる7曲入り1stシングル「雨の匂いEP」。
今作はKENJIプロデュースのもとレコーディングを敢行!
テーマは「大阪発、東京憧れサウンド」という彼らのサウンドは大きく2タイプにわかれる。
彼らの敬愛するFRUITY、Idol Punch、GANG GREEN、BOREDOMSなどに影響を受けた今作での「ENID」「futon」などのハイテンションなハードコアと、BUZZCOCKS、DESCENDENTS、PIXIES、小沢健二、かせきさいだぁ≡、スピッツなどに影響を受けたという今作での「ラストシーン」や「if you want」のような、フォークの影響を強く受けた独特の世界感がたたずむ歌詞が乗った甘く切ないパンクロックである。
新しき関西パンクの後継者をラブソングで目指す彼らの快進撃はここから始まる!

DISK UNIONの特典は上のトレーラーのフルバージョン!のDVD-Rです!

manchester school≡
 (マンチェスタースクール)  official HP

・ドラムス : タカshit
・ベース、コーラス : ジュンペイ
・ボーカル、ギター : ハルロヲ
・ギター、コーラス : 仲本工事
(left to right)
  ●プロフィール
2005年大阪にてハルロヲ(V&G)とタカshit(D) 中心により結成。当初6年間は大阪の難波ベアーズを中心に半径3メートル以内での活動、その間に2枚のデモをリリース。
ギターとベースの変遷をへて、ベースにジュンペイが入った頃から今のサウンドを築き上げていく。
現在のメンバーで作った3枚目のデモと、千円札を客席に投げつけては回収するライブがRAZORS EDGEのケンジレイザーズの目に留まりリリースが決定。

●サウンドの変遷
AxCxになりたかった結成当初。
合言葉は「SNOTTY」の時期を経て、現在の「大阪発、東京憧れサウンド」。
ややこしい関西PUNKの後継者をラブソングのみで目指す。

●その他影響を受けたもの
ANTI JUSTICE/THE FUTURES/IDOLPUNCH/RAZORS EDGE/友部正人/遠藤賢司/THE ピーズ/古谷実/ダニエルクロウ
昔の日本のフォーク/20代前半に見た大阪のハードコアパンク/ヒロト&マーシーの全部/ハイパーイナフラジオ/Kレコード/JELLYROLL ROCKHEADSディスコグラフィのドラムの青野さんのコメント/ダイノジ大谷ノブ彦のオールナイトニッポン


レーベルオーナーKENJI RAZORSより一言

レイザーズエッジのドラマーであるKRASH氏が経営するライブハウス『パンゲア』にて、「気に入りそうなバンドいますよ!」って言われ出会った大阪のバンド。

リーダーであるボーカルのハルロヲは以前レイザーズエッジのライブで大暴れしていた青年。
暴れすぎて他の客が引きまくってたのを、オレが(何故かw)注意してから来なくなった奴だという(笑)。
その後、マンチェスタースクールを結成し、関西のアンダーグラウンドにて全く主流ではない方向をマイペースに突き進む彼ら。

しかし、1年前オレの目に留まった時は、その外へ突き抜けようとするハチャメチャかつ柔軟なスタイルにハードコアやパンクロックを愛するものとしての可能性を感じた。
ボストンハードコアが持つ軽くも転げ回るような疾走感と、ナイーブな世界を表現する歌詞に見事なメロディーがのったフォーキッシュなパンクロック。どちらもまず曲自体の完成度を大事にし、キラキラしてるという共通点を持ちながら。

レコーディングからミックスまで彼らとオレが共に話し合い切磋琢磨しながら作り上げた作品です。
だまされたと思って是非一聴を!
忘れていた何かと新しい息吹を感じるはずです。
よろしくお願いします。

KENJI RAZORS

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
THRASH ON LIFE RECORDS MUSIC VIDEOS


FRIDAYZ "OVER THE TOP"



FRIDAYZ "TAKADA"




BURL "CAN BE FREE"




BREAKfAST "MONDAYZ"



"HAKONE-RIOT" Idol Punch

by NIKIVISION